茨城県北相馬郡利根町でスポーツカーの中古車なら走行距離など豊富で安いおすすめ中古専門店

茨城県
この記事は約23分で読めます。

スポーツカーを中古で探すなら信頼できる茨城県北相馬郡利根町の中古屋さんを探さないと損しますよ。

ターボ車はターボの調子が悪くて修理に出すともう一台中古車が変えるくらい修理代がかかります。事故歴や、走行距離などもプロでもわからないことが多いです。

前オーナーの乗り方や、中古車屋の信頼性などネット検索だけではわからないことだらけです。

でも、最近は、グー中古車、カーセンサー、ガリバー、ビッグモーターなど、普通の人が乗っていたスポーツカーを探すことで、事故歴や、整備記録などしっかり残った車に出会うことも可能になってきました。

ガリバーで下取り査定した車をガリバーが茨城県北相馬郡利根町の地域で販売してもらうと少しお安く買うことが出来るかもしれません。 

スポーツカーの中古車を探す茨城県北相馬郡利根町の中古車専門店を検討してみるのはどうでしょう。

小さいころからフェラーリや、ポルシェ、ランボルギーニなどのスポーツカーが好きで、日本車でもスカイランGT-RやフェアレディーZの日産系のスポーツカーが何となく好きです。

スポーツカーって高くて燃費も悪くて、人もたくさんのせれない普段使うにはとても不便な車だと思います。
でも、車を運転しているって感じがとても楽しいと感じる時期がありました。

スポーツカーは昔から好きなのですが、実際は自分で乗ったことのある車種が少ないです。
なので、具体的なスポーツカーの話は良く分からないのですが、スポーツカーを中古車を茨城県北相馬郡利根町で探す時に気を付けていたことがあるのでシェアします。

スポーツカーの中古で安いのは大丈夫?

スポーツカー 中古

スポーツカーは派手に運転している車が多いので事故で修理している車が多いです。特に走り屋の人が好む車でAE86や、シルビア、180SX、ロードスター、RX7、シビック、インプレッサ、ランサー等の国産車は特に事故でまっすぐ走らない車や、ターボが故障している、走行距離がとても多い等があり本来なら中古車で買うのはとても注意がひつようです。

茨城県北相馬郡利根町の中古車屋さんでも見落とすような事は多々あるので素人ではかなりの確率で程度の良い車を探すのは難しく、中古屋さんの人柄と信頼するしかないような感じなのが現実です。

その中で、程度の良いスポーツカーの中古を探すには短期間で決めるのでなく、インターネットを使って全国の中古車屋さんの情報を一度見るように私は心がけてます。

カーセンサーや、カーと言えばgooなどの雑誌を調べるのと、ガリバーなどでインターネットでも調べてます。

その時に私が気を付けている事があります。

スポーツカーを中古車で買うために気を付けること

スポーツカー 中古 86国産スポーツカーを中心に選ぶ

■なるべくワンオーナー
■ノーマルに近い
■安すぎない
■中古車屋さんが力を入れている車の種類
■中古屋さんの人柄と好きな車、過去に乗っていた車
など、雑談を踏まえて質問することが多いです。

国産のスポーツカーは1998くらい以降は新車で買う事ができる車種が、最近の86、BRZ、ロードスターなど限られていると思います。

その為、20年以上前のスポーツカーの中古は多く修理や、燃費が悪いこと、シートや内装がぼろぼろ、乗り心地がいまいちなど覚悟が必要になります。

こんなことを考慮に入れてスポーツカーの中古を探すように私は心がけています。

小さい頃に乗りたかった車ってなかったですか?

70年代や、80年代はスポーツカーが多くあってカッコよく感じた人も多いと思います。

私も乗りたかった車や、あこがれの車が色々あります。

でも、今は、既に絶版車になっているので、新車で買う事は不可能ですねよね。

最近は、魅力的なスポーツカーも少なくなっていた気がしましたが、2010年位から国産車でも新車のスポーツカーが元気になってきている気がします。

ニッサンなら、スポーツカーとしては割安感のあるフェアレディーZや、GT-Rは手が出せないような価格ですが、一度は乗ってみたいなぁ~と思いませんか?

トヨタが、86という名前で200万円~300万円前半で手が届くスポーツドライブが楽しめる車も出てますしね。

ホンダが、S660 を出したと思えば、普通の人は買えない値段ですがNSXを販売しますよね。
マツダのロードスターも新しくなって、どんどんスポーツドライブを楽しめる車が新車で買えるようになってうれしい限りです。

ですが、大人になって感じるワクワク感と、子供のころに感じたワクワク感って比べ物にならないくらい違う気がしませんか?

なので気になって、中古車屋さんを回ってみたら、ワゴンや、コンパクトカー、軽は見かけるのですが、スポーツカーと言えば、走り屋さん仕様が多くて、年齢を重ねて乗るのは少し抵抗がある事が多かったです。

なので、もう少し、ノーマルに近い形のスポーツカーの中古で、かつ、マニュアル車を探してみようと思ったら、ネットだと結構見つかりますよね

茨城県北相馬郡利根町の自分の行動範囲の車屋さんだと、見つけれる車も限られているので、全国で探せるのはとても便利でした。

結局、その情報を元にスポーツカーの中古車を近くの車屋さんに探してもらう事も出来るし、相場や、程度も有る程度わかるので良かったですよ。

昔のってみたかったスポーツカーの中古車を数年乗ったら楽しい人生になるだろうなぁ~と思いましたね。

少しでも気になったら、昔好きだったスポーツカーを茨城県北相馬郡利根町で中古を探してみてくださいね。

茨城県北相馬郡利根町でスポーツカーの中古車を探すのはネットで探すのが結果的に安い?

日本では、トヨタ、ニッサン、ホンダが有名ですが、マツダ、三菱、スバル、いすゞ、スズキ、ダイハツも魅力的なスポーツカーと感じる車を販売していたので中古車でなら乗ることが出来ますよ。

探すのはネットが便利です。

ガリバー

特徴 :毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

ガリバーに探してもらう

スポーツカーのストックでサポートもあります。

車の価格の希望と名前と連絡先の連絡が必要です。

メンテナンスも大事なのですが、ガリバーなら茨城県北相馬郡利根町の近くにも有りそうですね。

意外と感じるかもしれませんが、中古車の球数が多いのでスポーツカーの中古で外車や、安いおすすめの車両が専門店より豊富な可能性がありますよ。

ガリバーで、トヨタや、スバル、外車のスポーツカーを探してみるのはどうでしょう。
管理人おススメの中古車サイト
在庫数が豊富なのが魅力
↓↓↓↓↓

スポーツカーの中古車を探すならカーセンサー

特徴 : スポーツカーを探しやすい

スポーツカーで中古車は全国で探せるのが良いですね。

検索で探してくださいね。

程度のよい車を探して、メンテナンスの事も気にして探してくださいね。
それか、茨城県北相馬郡利根町の近くのお店で探してもらうのも良いかもしれませんよ。

FATE(フェイト)スポーツカー

特徴 :  好みの車を探しやすい

スポーツカーの高級な中古車からお手頃な国産のスポーツカーまで色々探せますよ。

クーペで探してくださいね。

メンテナンスも大事なのでなるべく近くのお店が見つかれば良いですね。

それか、茨城県北相馬郡利根町で近くのお店で探してもらうのも良いかもしれませんよ。

スポーツカーの中古車の専門店 一覧

スポーツカー専門店は限られているのでシェアします。

中古車屋得意な車所在地詳細
GTNET大阪 GTR&スポーツカー専門店GTR専門店大阪府茨木市西豊川町4-18詳細
COLOR’S カラーズ GTスポーツカー専門店GTスポーツカー専門店〒486-0968愛知県春日井市味美町3-74-1詳細
INSIDE大 阪輸入車・国産のスポーツカー〒580-0015

大阪府松原市新堂5-320-2

詳細
GT-Garage貴方だけのこだわりの1台千葉県野田市七光台66-1詳細
GTNET群馬スポーツカー&GT-R群馬県伊勢崎市上泉町90-1詳細
GTNET西宮86・BRZ&スポーツカー専門店兵庫県西宮市若山町10?6詳細


トヨタのスポーツカー 一覧

スポーツカー 中古 80スープラ

スポーツカーの中古車でトヨタは国産なのでおすすめかもしれません。
スポーツカーを中古車だとトヨタの国産車でも人気の86、AE86、MR2、セリカ、スープラーがあります。

スポーツカーの中古車でトヨタはいかがでしょう。
トヨタのスポーツカーはイメージがあまりないですが実はあります。

スープラ come backでトヨタのスポーツカーに力を入れるようになってくるんですかね。

トヨタ スポーツ800とか世代の人はトヨタ 2000GTはあこがれの的だったかもしれません。

ヨタハチ スポーツ800

200GT

AE86

 

MR2(ミッドシップ)

初代 AW11型

1984年-1989年まで販売
エンジンは、4A-GZE型 1.6L 直列4祈祷の スーパーチャージャー

 

2代目 SW20型

1989年-1999年まで販売
エンジンは、3S-GTE型 直列4気筒の2000ccにターボチャージャー /NA

MR-S

1999年~2007年まで販売。
エンジンは、1ZZ-FE型 直列4気筒 1.8L。

アルテッツア

1998年~2005年まで販売。
エンジンは1G-FE型 直列6気筒と3S-GE型 直列4気筒 共に2L。

スープラー

1978年~2002年まで販売。 エンジンは直列6気筒 のみ。

70スープラ

80スープラ

90スープラ

セリカ

初代 A20/30型
1970年 – 1977年まで販売。
エンジンは、直列4気筒 2.0/1.6/1.4LFR

2代目 A40/50型
1977年 – 1981年まで販売。
エンジンは、直列4気筒 2.0/1.8/1.6L FR

3代目 A60型
1981年 – 1985年まで販売。
エンジンは、直列4気筒2.4L/2.0L/1.8L/1.6L。

4代目 T160型
1985年-1989年まで販売。
エンジンは、直列4気筒2.0L/1.8L/1.6L AWD/FF

5代目 T180型
1989年-1993年まで販売。
3S-GTE型1,998cc直4ターボ
3S-GE型1,998cc直4
3S-FE型1,998cc直4

6代目 T200型(1993年-1999年)
1993年 – 1999年
<GT-FOUR/WRC仕様車>
3S-GTE型直42.0Lターボ
<SS-III/II/コンバーチブル>
3S-GE型直42.0L
3S-FE型直42.0L

7代目 T230型(1999年-2006年)
2ZZ-GE型直41.8L(SS-II)
1ZZ-FE型直41.8L(SS-I)

ソアラ

初代 Z10型(1981年-1986年)
エンジンは、直列6気筒 3.0/2.8/2.0L

2代目 Z20型(1986年-1991年)
エンジンは、直列6気筒 3.0/2.0L

3代目 Z30型(1991年-2000年)
エンジンは、1UZ-FE 4.0L V8
2JZ-GE 3.0L 直6
1JZ-GTE 2.5L 直6ツインターボ

4代目 Z40型(2001年-2005年)
エンジンは、3UZ-FE型 4292cc V8 DOHC

チェイサー

90系・100系と6代目まであります。
直6ターボのFR4ドアスポーツセダン
ツアラーV

トヨタ車におすすめの中古車サイト
在庫数が豊富なのが魅力
↓↓↓↓↓

ニッサンのスポーツカー 一覧

スポーツカー 中古 GTR

スポーツカーで中古車はやっぱりニッサンという人も多いです。国産なのでパーツも比較的入手しやすいのでおすすめですよ。

スポーツカーを中古車だとニッサンの国産車は、フェアレディーZ、スカイライン、GT-R、シルビア、180SX、セフィーロがあります。

スポーツカーの中古車を探しているならニッサンはいかがでしょう。

日産 スポーツカー?

スカイライン GT-R

第1世代 S20エンジン系(1969年-1973年)
初代 前期PGC10型(1969年-1970年)・後期KPGC10型(1970年-1972年)

2代目 KPGC110型(1973年)
第2世代 RB26エンジン系(1989年-2002年)
3代目 BNR32型(1989年-1994年)
4代目 BCNR33型(1995年-1998年)
5代目 BNR34型(1999年-2002年)

フェアレディーZ

初代 S30型系(1969年 – 1978年)
2代目 S130型系(1978年 – 1983年)
3代目 Z31型系(1983年 – 1989年)
4代目 Z32型系(1989年 – 2000年)
5代目 Z33型系(2002年 – 2008年)
6代目 Z34型系(2008年 – )

シルビア

初代 CSP311型(1965年 – 1968年)
2代目 S10型(1975年 – 1979年)
3代目 S110型(1979年 – 1983年)
4代目 S12型(1983年 – 1988年)
5代目 S13/KS13型(1988年 – 1993年)
6代目 S14型(1993年 – 1999年)
7代目 S15型(1999年 – 2002年)

180sx

初期型(RS13/KRS13型、1989年-1991年)
中期型(RPS13/KRPS13型、1991年-1996年)
後期型(RPS13型、1996年-1999年)

ブルーバード

初代 310型系(1959年 – 1963年)
2代目 410型系(1963年 – 1967年)
3代目 510型系(1967年 – 1973年)
4代目 610型系(1971年 – 1976年)
5代目 810型系(1976年 – 1979年)
6代目 910型系(1979年 – 1983年)
7代目 U11型系(1983年 – 1990年)
8代目 U12型系(1987年 – 1991年)
9代目 U13型系(1991年 – 1996年)
10代目 U14型系(1996年 – 2001年)

日産車におすすめの中古車サイト
在庫数が豊富なのが魅力
↓↓↓↓↓

ホンダのスポーツカー 一覧

スポーツカー 中古 シビック

スポーツカーを中古車だとホンダの国産車はおすすめです。

シビックタイプR,インテグラタイプR,ビート,S2000,S660,NSXと魅力的なスポーツカーの中古車でホンダはいかがでしょう。

ホンダのスポーツカーは、FFでミドルクラスのシビックや、インテグラがタイプRで有名ですが、NSXや、S200など魅力的な車を出しています。

でも、ホンダのエンジンは、バイクのように高回転まで回せるので他の車と違った楽しい車です。 車重もかるいのでキビキビと小回りが利きパワーも有るので小排気量で大排気量の車より早く走らせることに楽しみを見つけるドライバーも多いです。 この辺りがホンダ車の魅力かもしれません。

ビートや、S660など軽でも面白いコンセプトの車を作っていますね。

ホンダ スポーツカー?

NSX

初代 NA1/2型(1990-2005年)
I型 E-NA1型(1990-1997年)
タイプR 1992年11月27日に登場

II型 GH-NA2/GH-NA1型(1997-2001年)
III型 LA-NA2/LA-NA1型、ABA-NA2/ABA-NA1(2001-2005年)
NSX-R 2002年5月23日より発売

2代目 NC1型(2016年-)

CR-Z

初代
LEA型 水冷直列4気筒横置き
MF6型 薄型DCブラシレスモーター

初代 ZF1/2型(2010年 – 2017年)

S2000

AP1型(1999年4月-2005年11月)
Honda S2000 (AP1)
AP2型(2005年11月-2009年8月)
Honda S2000 AP2
AP2型 Type-S(2007年10月-2009年9月)
2007 Honda S2000

CIVIC TYPE-R

初代 EK9型(1997 – 2001年)
2代目 EP3型(2001 – 2005年)
3代目 FD2型(2007 – 2010年)
欧州仕様車・ハッチバック FN2型(2007 – 2012年)
4代目 FK2型(2015年 – 2016年)
5代目 FK8型(2017年 – )

INTEGRER TYPE-R

初代 DC2/DB8型(1995-2001年)
2代目 DC5型(2001-2007年)

BEAT

初代 PP1型(1991年-1996年)
SPORT 360/S500/S600/S800

S660

JW5型
α(2015年3月登場型)

ホンダ車におすすめの中古車サイト
在庫数が豊富なのが魅力
↓↓↓↓↓

ポルシェのスポーツカー 一覧

スポーツカー 中古 ポルシェ

スポーツカーの中古車で球数が日本では豊富なポルシェは国産に近い価格で乗れる価格帯が多いのでおすすめかもしれません。
911,ケイマン、パナメーラ、カレラ GT、ボクスターなどのスポーツカーの中古車でポルシェはいかがでしょう。

カイエン
356
911
ボクスター
ケイマン
911カブリオレ
パナメーラ
マカン
カレラ GT
718ケイマン
911カブリオレ
918スパイダー
944
968カブリオレ
356
718ボクスター
912
924
959
550スパイダー
914
928
968

ポルシェにおすすめの中古車サイト
在庫数が豊富なのが魅力
↓↓↓↓↓

マツダのスポーツカー 一覧

スポーツカー 中古 RX'

スポーツカーの中古車でマツダも魅力的な国産車がおおいのでおすすめです。
RX7、RX8、ロードスター、コスモのスポーツカーの中古車でマツダはいかがでしょう。

マツダ スポーツカー?のRX7について

マツダ RX7は、3代続いたので
幅広い年代の人が好きなマツダのスポーツカーかもしれません。

初代 SA22C(FB3S)型(1978年-1985年) SA22C型サバンナRX-7

1980年~1985年の1代目はサバンナRX7という通称でした。
車が好きな当時の社会の先生は冗談で、社会の時間に、サバンナ気候の4択問題で、
ひっかけ問題でマツダのサバンナRX7の説明文章が出てました。
事実上4択が3択ですよね。でも、車好きな子が多かったので何故かみんな喜んでました。

ローターリーエンジンのスポーツカーは、マツダしか販売していないのでどこか特別感がありました。

エンジンが単室容積573cc×2の12A型水冷2ロータリーエンジンのNA(自然吸気)で、130ps/7000rpm トルクは,max16.5kg・m/4000rpm パワーウエイトレシオは7.6~7.8kg/psで軽いしパワーがあったので好きな人はとことん好きな車でしたね。
でも、燃費は。。。だったので、今からだと考えられないくらいです。

2代目 前期型FC3S/後期型FC3C型(1985年-1992年) 新モデルサバンナRX7

サバンナRX7は、イニシャルDの高橋涼介の愛車として描かれていた為に特に白のアンフィニーグレードは人気が出ています。

前期型のFC3Sは、初代からの進化として、フロントブレーキが当時の日本車初の対抗4ピストンのアルミキャリパーが採用され、インタークーラー付きターボ13B.

後期型のFC3Cは、リアコンビネーションランプが角型→丸型3灯に変更され、パワーも185ps->205psにパワーアップ。

後期型のFC3Cは、ロータリーエンジン20周年記念でカブリオレもラインナップに上がりました。
実は、ロータリーエンジン搭載したカブリオレのスポーツカーは、サバンナRX7 FC3Cだけなんです。 魅力的ですよね。

エンジンは単室容積654cc×2の13B-T型水冷2ロータリーエンジンのツインスクロールターボです。
前期型が、185ps。後期型が205ps。

 

3代目 FD3S型(1991年-2002年) アンフィニ・RX-7

FD3Sは11年販売されていて、前期型(1型、2型、3型)、中期型(4型)、後期型(5型、6型)と分けられます。
少し横幅が大きくなったのでFC3Cの時よりFD3Sは人気が落ちた気がします。

4型は、高速隊のパトカーに採用されてました。 宮城、新潟、栃木、群馬、埼玉、千葉、京都の1台づつで7台。

2002年8月に環境対策と、スポーツカー需要低下なども重なり生産終了になりました。

エンジンは単室容積654cc×2の13B-REW型ロータリーシーケンシャルツインターボです。
MT車については、前期型は255ps、中期型が265ps、後期型の5型・6型は280psになりました。
AT車は、255psのままでしたので間違わないようにね。

マツダ スポーツカー?のRX8について

RX-8は略称 エイトと呼ばれます。
RX8は、観音開きドアの4人乗りになってしまい、スポーツカーと言うより、スペシャリティーカーと言う印象ですね。
ロータリーエンジンを搭載していますが、かなりの部分が新設計になった自然吸気型13B-MSP型で造語なのですが、『RENESIS』でRE+GENESISを合わせたものみたいです。

エンジンの出力も標準モデルで215ps TYPE-E(6速AT)で215ps そして、TYPE-Sで 250ps(MT)と若干下がってます。
観音開きドアで4人乗りになった事もあってか、街中であまり見なかった気がします。

マツダ スポーツカー サバンナ について

サバンナは、鉄のバンパーだったり、いまでは考えられないくらい旧車ですよね。
おそらく、もう中古でも購入するのは難しいかもしれません。

ロータリーエンジンを搭載してRX3としてレース等でも活躍したみたいですが、残念ながら昔すぎてこの辺りは資料からです。

前期型 S102系(1971年-1973年)

燃費があまりよくなく、航続距離を増やす為に65Lのガソリンタンクでした。
10A型のロータリーエンジンは105psです。
サバンナの10A型は、軽くて速い車で、スカイラインGT-Rの連勝記録を止めた事もあるそうです。
グレードがグランドファミリアに準じてたので比較的お安くて速い事も重なって人気がありました。

 

後期型 S124系(1973年-1978年)

フロントマスクが変わったのと、エンジンが排ガス規制適合する為に12A型ロータリーエンジンに変わりました。
1978年にサバンナRX7が発売されると交代で生産を終了になりました。

 

マツダ スポーツカー コスモスポーツ について

コスモスポーツは世界初の実用・量産ロータリーエンジンです。

初代・コスモスポーツ(1967年 – 1972年)

前期型 L10A は110ps 10A型ロータリーエンジン(491 cc ×2) 車重は940 kg
後期型 L10B は128ps

後期型は、帰ってきたウルトラマンは、防衛チームMATの専用車両「マットビハイクル」でした。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版でもNERV官用車はコスモスポーツに似てますよね。

マツダ車におすすめの中古車サイト
在庫数が豊富なのが魅力
↓↓↓↓↓

三菱のスポーツカー 一覧

スポーツカー 中古 ランエボ

スポーツカーの中古車で三菱は国産はおすすめです。ランサーエボリューション, FTO, GTO

スポーツカーの中古車で三菱はいかがでしょう。

FTO

初代(1994年-2000年)DE2/3A型
前期型(1994-1995年)
中期型(1996年)
後期型(1997-2000年)

GTO

初代(1990年-2001年)Z15A/Z16A型

ランサーエボリューション

初代(1990年-2001年)Z15A/Z16A型
第1世代(CD9A/CE9A) 1992年9月発売
ランサーエボリューション 1994年1月発売。
ランサーエボリューションII 1995年1月発売。

第2世代(CN9A/CP9A)
ランサーエボリューションIV 1996年8月発売
ランサーエボリューションV 1998年1月26日発売
ランサーエボリューションVI 1999年1月22日発売
ランサーエボリューションVI トミ・マキネンエディション 2000年1月8日発売

第3世代(セダン:CT9A/ワゴン:CT9W)
ランサーエボリューションVII 2001年2月3日発売
ランサーエボリューションVII GT-A 2002年2月1日発売
ランサーエボリューションVIII 2003年1月31日発売
ランサーエボリューションVIII MR 2004年2月13日発売
ランサーエボリューションIX 2005年3月3日発売
ランサーエボリューションワゴン 2005年9月7日発売
ランサーエボリューションIX MR、ランサーエボリューションワゴン MR 2006年8月29日発売

第4世代(CZ4A)
ランサーエボリューションX 2007年10月1日発売
ランサーエボリューション ファイナルエディション 2015年4月10日

三菱車におすすめの中古車サイト
在庫数が豊富なのが魅力
↓↓↓↓↓

スバルのスポーツカー 一覧

スポーツカー 中古 インプレッサ

スバルのスポーツカーは最近ではbrzだと思いますが、純粋にスバルを楽しみたい時はインプレッサやレガシー、B4などトヨタと提携する前の車づくりを体験してみるのはいかがでしょう。,スバルの中古車はxv,レヴォーク,アセント,brz,スバル360,フォレスター,アウトバックスなどがあるのでスバリストになるかもしれませんよ。

スバルの車種は?

スバルの車は、縦起きの水平対向エンジンのドコドコ感が印象かもしれません。 でも、スバルの車の魅力にどっぷりハマってしまう人たちがいるとても魅力的な車です。
実際に、運転してみると分かると思いますが、フィーリングやawdの性能やしっかりしたフレームの車づくりを体感してしまうと、他のメーカーの車に乗ると頼りない感じを受ける人がいるかもしれません。

インプレッサ

インプレッサは、1992年~発売されているラリー競技の世界ラリー選手権のWRXで活躍したスポーツカーです。
通称はインプ。

戦歴として次のタイトルを獲得しています。
WRC
マニュファクチュアラーズチャンピオン3回(1995年、1996年、1997年)、
ドライバーズチャンピオン3回(1995年、2001年、2003年)

2016年に5代目が登場しています。

3代目まではWRXモデルが最上位の位置づけでしたが、4代目からはWRXは別ラインナップになりました。

インプレッサ 【WRX STI】 中古車の相場はこちら!

インプレッサは、WRX STIがやはり魅力です。4代目からはWRXは別シリーズになりました。

インプレッサの中古の価格は?

5代目 GT/GK系(2016年-)

プラットフォームがガラッと変わりました。SUBARU GLOBAL PLATFORMといわれます。
衝突安全性がかなりアップしています。
アイサイトの装備も魅力ですね。
中古車の相場は200万円前後ですか。

4代目 GP/GJ系(2011年-2016年)

スポーツカーとしてのイメージが殆どなくスタイリッシュな外観と質感にかわりましたね。
ハッチバックはスポーツ、4ドアセダンはG4とサブネームも変わりました。
インプレッサ WRXのモデルはWRX・VAとラインナップが変わりました。

3代目 GE/GH/GR/GV系(2007年-2011年)

ボディーも大型化してスポーツカーとしてのイメージはかなり軽減した感じです。
WRX STIとして初めて標準インプレッサシリーズとは別の専用ボディになったのでイメージがかなりガラッとかわりました。

中古車の相場も10年を超える年式になってきたので走行距離や修理を含めて程度を受け入れる気持ちが大事かもしれません。

相場は、WRX stiは人気なので200万円を超えるものもありますが、走行距離は5万キロ以下で探せると思いますよ。

2代目 GD/GG系(2000年-2007年)

とにかく車のフロントフェースが個性的で賛否両論の車でした。 初代はカッコ悪いフロントフェースと感じる人が多かったですね。 性能は初代よりも抜群にアップしているのですが、とにかく残念という感じでしたね。

確か、3回マイナーチェンジをしていたのですが、フロントフェースは大幅に変わってましたよ。

インプレッサのWRXとしては、初代より年式が新しいけど価格が安い場合もあるので純粋に走りを楽しむためにはお安いもでるかもしれません。
どちらにしても年式の古い車なので修理代や事故歴はある程度受け入れる必要があるかもしれません。
相場は30万円位からです。

初代 GC/GF系(1992年-2000年)

インプレッサ WRXはWRCの参戦車両としてスバルブルーと555がトレードマークでとてもかっこよかったです。
インプレッサ=STI社製コンプリートカー「WRX STi」というイメージが強かったです。
でも、最上位モデル意外にも100万円強のベースモデルもありました。

初代インプレッサのWRXは10万キロ以上の中古車ばかりなので修理代や事故歴なども受け入れる必要があると思います。
相場は、30万円位からですかね。

インプレッサ 【WRX STI】 中古車の相場はこちら!

レガシィ

レガシィは1989~発売されているスバル・1000から始まる水平対向エンジン、レオーネで実現された4WDといったスバル独自の機構を採用したスポーツセダンやツーリングワゴンから始まっていまではステーションワゴン型SUVのアウトバックなど人気があります。

brz

スバルとトヨタが共同開発したスポーツカーです。 トヨタの86と兄弟モデルですね。
スバル群馬製作所本工場で作られています。

xv

インプレッサ3代目の2010年から派生したクロスオーバーSUVモデルです。
2017年~3代目になってます。

レヴォーク

2014年6月から販売されているステーションワゴンです。

スバル360

てんとう虫として愛称のついた車ですね。 車が高価で買えなかった時代の庶民の車でした。
いまでも愛好者のクラブもあります。
1958年から1970年までのべ12年間に渡り、約39万2,000台が生産された車なのでほとんど売ってないかもしれません。

フォレスター

1997年に発売されて世界共通の車名です。
高速道路からオフロードまであらゆる走行状況が考慮されています。

アウトバック

レガシィの派生モデルでクロスオーバーモデルです。
1995年~発売されている5代目です。

インプレッサ 【WRX STI】 中古車の相場はこちら!
インプレッサ,sti,中古車,相場,評価,評判
インプレッサといえばwrxのstiと感じるかもしれません。4代目からはWRXは別シリーズになりました。1992年の初代は走行距離が10万キロを超えている車ばかりなので相場もありますが、修理代も考慮に入れておくのがおすすめです。

スバル車におススメの中古車サイト
在庫数が豊富なのが魅力
↓↓↓↓↓

まとめ

スポーツカーは、乗っていて楽しいと感じる車だと思います。それぞれ好きなスポーツカーは違うと思いますが、中古車なら憧れだった車のオーナーになれる可能性が高いです。

実用的な車も良いですが、若いときや、子どもが巣立って自由な時間があるなら一度スポーツカーに乗ってみるのはどうでしょう。

きっと、ワクワクと感じる時間を楽しめると思います。

人生一度きりなので乗りたいと感じたスポーツカーに乗ってみるのはどうでしょう。

ガリバーで気になる車が見つかったら問い合わせてみるのがおすすめです。

きっと、あなたの中で何かが変わりますよ。

スポーツカーの中古を探すのに茨城県北相馬郡利根町に対応の地域
茨城県北相馬郡利根町
奥山  押付新田  押戸  加納新田  上曽根  四季の丘  下井  下曽根  惣新田  大平  大房  立木  立崎  中田切  中谷  八幡台  羽中  羽根野  早尾  東奥山新田  布川  福木  もえぎ野台  横須賀  

 

管理人がおススメの中古車サイト
在庫数が豊富なのが魅力
↓↓↓↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました